忍者ブログ

MENU

ENTRY NAVI

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デュラスと海

こんにちは、山田です。

のんびり更新ですが、ご容赦ください・・・

さて、今日はデュラスと海というテーマでお話したいと思います。



彼女の人生を「海」というテーマで区切ると、1914‐311932‐96と分けることができます。

前半は幼少期を過ごした仏領インドシナ時代のベトナムの太平洋、後半は大学合格後帰国しそれからずっと暮らした仏の大西洋。

 

デュラス作品において、「海」はタームとしては頻出単語ですが、タイトルだけみると意外に少なく、ある程度の長さをもった小説としては、「太平洋の防波堤」(1950)、「大西洋のおとこ」(1982)のみです。

前者は”母”が美しい仏語の学校開校のために購入した土地が実は「塩漬けの土地」であり、事態改善のために大勢の農夫を使って防波堤を築いたにも関わらず、夏に襲った高潮のせいでもろとも崩れさってしまう・・・という荒々しい海のイメージ。

後者は、”わたし”がかつての恋人であった”あなた”を撮影した場所として、かもめが空を飛んだり犬が熱を帯びた砂浜をすたすた通り抜けていくような、穏やかな海のイメージ。

双方の作品での「海」の描かれ方は真逆といえるでしょう。また、彼女はそのどちらのイメージも作品として反映させられるくらい、人生を見渡す範囲にいつもそれはあったのです。

 

 

「わたしには得意なことがひとつある、それは海を眺めること。」(『愛と死、そして生活』16頁)

 

 

 デュラスの人生は傍からみるとそれだけでドラマになるようなさまざまな要素で成り立っています。彼女自身の年表の事柄からにじみでたものを筆が拾って紙にしたためているのではないかと思うくらい、モチーフとして描かれています。

ただ、それは完全な私小説とは違って、作品によって設定が少しづつ”ずれて”発表されていることを忘れてはならないでしょう。例えば彼女には二人の兄と母で幼少期の大半を過ごしたわけですが、「太平洋の防波堤」では兄は一人という設定であっても、同じベトナムを舞台にした「愛人」(1984)では、二人になっています。

こうした違いに精神分析的な目線をやるのは別の畑のひとにおまかせするとして、わたしはここには彼女の作家としての個性を感じます。(そもそも創作、特に書くという行為はそのひととかけ離れた設定においてにせよ近い設定においてにせよ、そのひとの半生の何がしかが反映されないわけがなく、またそのひと自身の何もかもが投影されることはありえません。)けれどそれは作為的なものなのではなく、前述のとおりまるでにじみでてしまった結果としてそこここに現れてしまっているような―

 

「わたしが書いていることは知っている。でも誰が書いているかよくわからない。わたしは完全に不幸だった、なぜならそれを書いたどんな女とも一致できなかったから。わたしは海を見ていた女、こどもを見ていた女、海に沿って粘土の丘を走っていた女のために混乱していた。わたしはそんな訳で、人生について生きられた人生が[書かれた]それと一致できないことに頭にきていた。わたしはわたしに嫉妬していたのよ。」(『モントリオールでのM・デュラス』 198150頁)

 

引き裂かれている。

それがわたしの彼女に対する形容詞です。

祖国と、幼い頃他界した父と、上の兄ばかり愛する母と、そして戦死した愛する下の兄と、収容された最初の夫と、生まれてすぐ逝った最初のこどもと・・・何より作り手としての自分自身と。

 

だから彼女の書く物語にはいつでもそこに「不在」が影を潜めています。

 

そして背景として設置される、海。

 

それは名付けられ手さえも加えられあるがままの姿を改変されてしまう土地とは異なり、便宜上命名されはしても明確なくびきをひくことはできません。どんなに表面で線を引いたとしても、海の底ではすべてがつながっているからです。このとらえどころのなさ、終りのないくりかえしを前に、デュラスが何を思ったのかはわかりません。昔の男かもしれないし、今日の夕飯のことかもしれません。

 

彼女の作品は、彼女のみていた海のようにとらえどころがなく、ひとつの解釈や意味を求めてジャンルという釣り針をおろそうとすると、さーっと引き潮になったかと思えばあっという間に満潮になって窒息してしまいます。

だから時に小さく時に大きく荒くれつつも、寄せては返すという律儀な海としての約束を守りつつあるそれに、空っぽの状態で身を任せないと遠くへいけません。

 

わたしたちは、その航海のために船を作っています。(会場はロケットですが・・・笑)

意味の向こう側へ、設定の向こう側へ、イメージの向こう側へ、どこまでも越えていきたいと思います。

PR

To;デュラスさん

 
 こんにちは、山田です。

少しご無沙汰してしまいました。
今日の本題とはまったく関係ありませんが、只今のBGMは「Super Best of Yumi Arai Disc 1」でございます。(「ひこうき雲」「雨の街を」あたり流れるともうほろほろしてしまいますね)
なんと気づけば本番まで二週間きったわけです、驚き。稽古も少しずつ少しずつ進んでいます。
 

 さて、今日は作者及び作品について少しお話しようと思います。
 

 このたび旗揚げ公演にあたって、M・デュラスという仏の劇作家・小説家・映画監督・・・の短編小説「大西洋のおとこ」をチョイスしたのですが、理由は単純です。
 

 拘ったつもりはないのですが、集ったメンバーが女性陣だったので、作家も女性にしようということでそうなりました。女性作家といえば昨今では他にも大勢いらっしゃいますが、カフェ公演ということをさしひいても他にしっくりくるひとがおらず、なぜか案外すんなり決まった次第です。
 

 が、実はきちんと決まるまでデュラスの作品や生い立ちについて殆ど知らず、学生時代に映画「二十四時間の情事」(なぜこの邦題なのかは未だに謎です)をぼんやりと眺めたことくらいしかありませんでした。高尚で手の届かない、ちょっと近寄りがたい存在。それがわたしにとってのデュラスの印象でしたが、今回作品上演決定にあたって他の小説や戯曲を読んでみると、創作にあたって実に野望多き(?)女性なのだということがわかりました。
 

 デュラスといえば自身の幼少時代の体験を基に赤裸々に綴った「愛人」が世界的ベストセラーになった印象が強烈にありますが、たとえば「シャガ語」という戯曲を例に挙げてみるとそんなお耽美なイメージが打ち崩れるというものでしょう。これはABという二人の女性と、二年前に「ここ」から二メートル前でガス欠したという通りすがりのHという男の会話劇です。以下はその一部抜粋となります

 

*****

 

A このご婦人は今朝からシャガ語を話しているんです。だから、このご婦人がどういっているのか 

  はもうわかりませんわ。

H ほう……

  (中略)

B (弱く手を叩いて、おもしろがって)ウワイヨ、ウワイヨ。

H (それをまねて)ウワイヨウワイヨ…(急にあっけにとられて)あれっ、こいつはギリシャ語だ、ウワ 

  イヨウワイヨってのは…

 

   A、目を丸くする。

 

A (Bに)なんですって?あんまり馬鹿にしないで頂戴。あなたの話してるのは、ギリシャ語ですっ  

   て?

B  (抗議して)ハムバ、ハムバ。

A (Hに)どう、これもギリシャ語?

H いいえ、しかし、ウワイヨウワイヨはギリシャ語ですよ。(間)ほら、いいですか、ウワイヨウワイヨ…

A (納得して)ほんとうだわ…

B ハムバ。

A でも、ハムバハムバ…っていうのは。

 

*****

 

A はっきりしませんわね、お話が。

H そうですかな?

B たくさんだわ、もう、インテリって(これは非常に変形したシャガ語である)

 

*****

 

 いかがでしょう。なんたる自由さ(笑)因みに”ウワイヨ”で検索キイを叩いてみたら、”アワイヨ”というアンデスの民族楽器がヒットしました…(笑)小説や映画のイメージとはまた違ったデュラスの一面がここにはあります。
 

 彼女の作品を目の前にしていると、”わかる”ことへの懐疑の姿勢を感じます。わかるわかる/わかってわかって病への痛烈な皮肉。けれどもそれは決してどうせわかりあうことなんてできないんだからという短絡的な開き直りの態度ではなく、”わからないことへの愛の形”として作品にこめられ、提出されたように思えてなりません。ナルシシズムでひたひたになった私小説と一線を画しているのは、その愛情表現によってなのだと思います。
 

 今回ご縁があって上演決定した小さな小説「大西洋のおとこ」は、デュラス自身が海辺のホテルのそばで38歳年下の恋人ヤンをモデルに撮影しているらしい(実際の地の文は、”わたし”と”あなた”としか表記されません)、という設定から時間も空間もがんがん飛び越えるというまるで空中遊泳しているかのような読中感のある作品です。
 

 作品としてたちあげる作業につれ、これはわたしがあなたについての思いのたけを綴っただけでなく、デュラスの映画論であり、芸術観なのだと確信しています。

 案の条長くなりましたが(更新するたびに終らないんじゃないかという不安を抱えます…笑)、
ぜひお立会いいただければ幸いです。

 では、これにて・・・

山田 

 

Re;映像身体学科

 こんにちは、山田です。

 今日はとても個人的なお話(長め必至)になると思います、ということを先にお断りします(笑)

映像身体学科。

 いったいなんぞやという字面のならびですが、これは私が今年三月末まで在籍していた大学の学科名です。 簡単にいうと、WSと呼ばれる実践授業(映像・ダンス・演劇・気功(笑)・写真etc・・・)と、それら表現にまつわる理論を展開する講義の二本柱を取り込むことによって、"ものをみる目を育てる"ことが目的の学科といえるとおもいます。要は必ずしも卒業したらすぐに現場で使える人間を育てるような専門学校的な場所ではないということです。  

 だからなんとなくファッション感覚で入学したひと及び表現者になるんじゃと意気込んで門戸を叩いたひとたちにとっては、肩透かしをくらったように感じたに違いないと思います。
 恥ずかしながら実はわたしも入学するまでは教授陣の顔はおろか名前も存じ上げないような興味の薄さで、英語のプレイスメントテストで隣に座った女の子が発した「つけま」という単語の意味がわからず、本日の天気同様暗澹たる思いでボールペンを握り締めた記憶があります。英語のテストに敗北する前に同い年の女の子が使用する言語がわからんのはなんぞー!と…(笑)

 話を戻しますと、高校のときのおもしろい先輩が多く入学している方に軍配をあげ他大を蹴ったわたしは早くも後悔の念にさいなまれておりました。 周りの女の子のしゃべる内容がわからなかったということもありますが、興味のある講義/WSは実質2年生からしかとれず、「つけま」ショックでプレイスメントテストに失敗したばかりに(?)週の半分以上が 実力以下の簡単すぎる英語で占められる…早速わたしは現場=大学の外へと逃げました。  

 で、かくかくしかじかを乗り越えて、結局辞めずにようやく自分で自由に履修が組めるようになった2年次、わたしは映像のWSをとりました。
 映画ではなく映像というのがミソだなと思うのですが、さておきそこでまたもやぽっきり心が折れたのでした。演劇も映画も、作品のことだけかんがえていればいい状況というのはほぼないといえますが、要は強制されたセセコマシイ人間関係にすっかり嫌気がさしたのです。いつまでも「習う」気持ちでいるとひとはだめになるのかもしれません。
 その頃わたしはUO企画という団体を旗揚げて、岸田理生さんや別役実さんといった大先輩方の作品を拝借したり自身で執筆したコント作品を用いていそいそと公演を打っていたということもあり、どうしても片手間で映像の課題に取り組むといったようなことをしていました。
 たしかに入学して映画に触れる機会もぐんと増え、足繁く映画館に通うようにはなりましたが、以降は撮る側というよりも、コンマ秒単位での作品分析といったように、観ることについての意識を深める方向へ興味がシフトしていったのでした。

 さて、長々私情を書き連ねてきましたが、今回上演する「海は、いま、このとき、あなたの左手にある。」(原題「大西洋のおとこ」)は、映画を撮るひとのお話です。  映像の”再生”は「再び生きる」と書きますが、演劇も実は不確実な再生の連続で、確約されない一日一日をつむいでいく行為なのだと思います。
「一度カメラに撮られたひとは二度と死ぬことができない」といったような言葉がありますが、フィルム/映写機/スクリーンが物質的に消滅あるいは使用方法が理解できる人間がいなくなる、なんていうことがない限り、半永久的に残っていくのだなと思うと恐ろしい気もします。(不朽の名作とはよくいったものですね。演劇は身体と共に消え失せるので記録映像がない限り気楽なものです。笑)

 今回は、非常に個人的ではありますが、わたしの「見る目」を育ててくれた埼玉新座にひっそり佇む映像身体学科へ「Re;」の気持ちで創作をしています。 映像身体学科関係者のみなさんも、そうでないみなさんも、ぜひのぞきにきていただけるとうれしいです。

 …次回こそは作品についてしゃべります!(笑)

山田  

はじめまして。

はじめまして、ttu主宰の山田真実です。

出会いに恵まれすてきな空間で旗揚げ公演を打たせていただけること、いまから胸が高鳴っています。
今回はご縁があって、ROCKET CAFEさんに会場が決まってから作品を探し始めたのですが、
なかなかしっくりくる作品がなく、実は予定よりもちょっと延びての決定となりました。
場所から発想して演目を決めるというのは、実は思った以上に大変な作業だったからです。

まずは、劇場とカフェではその器とお客さんを繋ぐものが全く異なるという点で悩みました。
劇場は 外からきた作品を受け入れる器で、お客さんはその器に乗っかった作品を味わいに来ますが、
カフェに来るお客さんは器自体が提供する作品=たべものや飲み物、を味わいにくるのであって、
間に挟まるものが何もないからです。

当たり前のことですが、この場を選択した以上、この点を鑑みずには先に進めないと感じました。
ただ、演劇を持ち込むということは、お客さんの身体を借りてはじめて成立するものなので、
ある程度の制約はさせてもらわないといけません。

そこで辿り着いたシンプルな答えがお互いに無視をしない、でした。

"いつも"と違う場へ変えずとも変わるような試みに於いて、互いを活かす方法はただひとつ。
コラボレーションという言葉が耳馴染みになったいま、一番大切ないろはのいなのではないでしょうか。

CAFEにいらしたお客さんにも、公演を観にいらしたお客さんにも、ROCKET CAFEさんと共に、
小さいながらも力をあわせて"ひとつの器"として作品ををご提供できるよう、日々奮闘して参ります。

次回は作品について、少し詳しくお話しできればと思います。

では、本日はこれにて。

山田

× CLOSE

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
t t u
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

アクセス解析

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]